スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKBメンバー襲撃事件から思うこと



この曲好き(小並感)
襲撃事件に驚き、そして凶器の「のこぎり」に二度驚き。傷害ではなく切断が目的かというイカレっぷり。

狙われた子は不運としか言いようがないですね。命に別状は無くて一安心ですが、彼女らの心に深い影を残してしまい、それはやすやすと消えないだろうと考えると、痛ましいの一言に尽きます。

この事件は「予想外」な事件です。握手会に参加したファンがメンバーを襲撃するなんて発想は、その場に居た誰もが思わない。だが事件は起こってしまった。

予想外な事は滅多には起こらない。ただ、0%ではない。だから「備える」。イベント会場では持ち物検査。銀行では強盗が来たときを想定した訓練。色々備えて、最悪の事態から多くの人を守るという心持ちを普段からしておく必要がある。

さて、日本にはあらゆる面で備えや対策があるのに、こと一番大事なはずの「国防」の備えが恐ろしく貧弱です。

「戦争なんておこらない。戦争ができる9条改正に反対」

真顔でこんなことが言える自称識者が多くて困りものです。今回のAKB襲撃事件とあてはめて考えてみましょう。
まず、ファンが凶行に及んだわけですが、スタッフ・メンバーの意識の根底に「ファンがメンバーを襲うなんてありえない」と思っているわけです。せいぜい粘着したしつこい人が出るかなー程度の危機感。護憲派も同じで、「日本が侵略されるなんてありえない」という前提で話を進めています。

そして、事件とは望まなくても狂人が一人いれば発生するのです。国も同じで、いくら日本が平和宣言をしても非武装を説いても、狂った国にはそんな声は届きません。

どなたかが言ってたのですが、戦う力のない今の日本を、ドラえもんののび太に例えるとわかりやすい。
争い事が嫌いなのび太君。彼の日常は平和でしょうか?答えはNoですよね。ジャイアンにボコボコにされています。
争い事を望まなくても、血を見ることになります。
では、のび太じゃなくてドラゴンボールのフリーザだったら、ジャイアンは襲うか。絶対襲わない。理由は手を出したらとんでもないことになるのが明白だからです。
勿論フリーザのように極悪非道な国になってはいけませんが、「国民を守る」という意味では、のび太の国よりマシだという。

相手が丸腰だとわかっていたら、のこぎりだろうが銃だろうが持っていき放題です。絶対負けないから。だが、相手がいざという時に戦う力があるとわかっていたら、それが抑止力となって最悪のケースを防ぐことがあるのです。万引き犯が防犯カメラに取り囲まれた状況で盗みを働かないのと同じです。

「何かあってからは遅い」というのを、この事件から考えてほしいです。事実、切られた2人は傷は癒えてもファンの前に再び姿を見せるのは難しいと思います。日本全体を、そうさせるおつもりですか?


…とりあえず握手券商法は封印でしょうね。でも、これは良いことだと思います。安全面もそうだけど、どうもこの商法のせいでAKBが無碍に批判されているように思えるからです。
最初に載せた動画の「鈴懸なんちゃら」、作曲はなんとあの織田哲郎。知らない人はいないと思いますが、念のため代表曲を挙げるならば

・おどるポンポコリン(B・Bクイーンズ)
・負けないで(ZARD)
・ボクの背中には羽根がある(Kinki kids)

90年代の音楽シーンの大ボスです。よってどこかしら90年代風の鈴懸なんちゃらは、筆者(27)のような90年代の音楽で育った代からすれば懐かしくも新鮮な曲に思えます。
他にも「君のことが好きだから」という曲も織田氏が作曲していて、こっちも素敵。


同じ織田哲郎つながりで、「ゆめいっぱい」を思い出した。言うならば「君のことが好きだから」は、これの現代風アレンジか。

握手券なんてなくてもちゃんとお金を出せる楽曲だと思う。商法のせいで印象が悪くなって、良い曲が埋もれてしまうのは勿体ない。どうもAKBというだけで悪いイメージを持たれている気がする。良いものは良い。AKBだろうが何だろうが。AKBだからダメとか、憲法変えるのは絶対ダメとかじゃなくて、何が良い悪いで考えられたら、視野が広くなると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
ブログ主のスペック

・コブクロとか好きそうな人畜無害な顔つき

・音楽の趣味が変態(メタル・ゲーム音楽中心)

・野球狂(横浜DeNAベイスターズファン)



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。